2022年 | パレット倶楽部交流会

離婚 死別 出会い 再婚 バツイチ仲間の交流会 パレット倶楽部

パレット倶楽部TOP > 2022年交流会

※開催日が新しいものを上に表示させていただいています。

2022年 | パレット倶楽部交流会の様子をご紹介


■・2/13(日)天国組/1960年代生の方の会(関東~東日本の方)(第180回天国組会)
第443回交流会



■2/6(日)天国組/1950年代生の方の会(第179回天国組会)
第442回交流会



■・1/23(日)天国組/1960年代生の方の会(関東~東日本の方)(第178回天国組会)
第441回交流会



■・1/10(月・祝日)の天国組/みんなでグリーフケアの会(第177回天国組会)
第440回交流会
オンライン離婚死別バツイチの会
埼玉県・千葉県・東京都・北海道・長野県・大阪府・山梨県・岐阜県・福岡県・カナダ・愛知県・兵庫県・埼玉県から伴侶をなくされて2年以内の男性8名と女性14名の合計22名と、参加いただいた皆さんより少し前に同じ経験をされ今回「話し手役」を引き受けていただけた方7名の方に参加いただき、パレット倶楽部初めての試みとなりますセミナー形式の天国組「みんなでグリーフケアの会」を開催しました。 立ち直り方は人それぞれかと思いますが、参加いただいた皆さんのお話や、先輩方のお話を聞いていただくことで「共感」や「未来」を感じていただけたかと思います。参加いただきました皆さん、ボランティアで「話し手役」を務めていただけた皆さん、ありがとうございました。

参加された方の感想をご紹介

・「林さん、いつもお世話になっています。7名の皆様方、貴重なお話をありがとうございました。何年経っても、この想いは残る。変化はしていくが消えることはないのだと、わかりました。何とかして、夫が生きていた頃のような生き生きとした日々を、もう一度、味わいたいと切望していましたが、何年経っても消えることは無いのですね。覚悟が出来ました。終末期に「ありがとう。感謝しているよ。生まれ変わったら、また、結婚してくれる?」と、夫に訊かれました。「もちろんだよ。」と、即答すると、「ありがとう。だったら何も怖くない。再び、出会えることを楽しみにしているよ。生きがいを見つけて、自由に心豊かに生き抜いてね。そして、その時が来たら必ず迎えに行くから同じ時期に生まれ変わろうね。」と固く約束をしました。これが遺言でした。辛い辛いばかりではなく、いつか私も生きているのか、死んでいるのかわからない状態から、いつか変化は訪れますよと、今日の皆さんのように ”辛い人” に伝えることがてきるようになりたいです。心から感謝申し上げます。」

・「本日は開催、進行お疲れさまでした。初めて参加させていただきましたが、皆さん辛い経験をされているのに頑張っていらっしゃるんだなと感じました。
Yさんの2本の矢のお話もとても共感できました。元々暢気な方だと自分では思っていますが、何がきっかけで2本目の矢が効いてくる分かりません。
ITさんの経験も状況は違いますが、私の体験と似ているところがいくつもありました。一人でじっとしていると悲しいことばかり考えそうなので、同じ思いの人たちの交流の場はないかと検索して過活動気味の結果、こちらにたどり着いたのは良かったかと思います。悲しい思いは自分だけはないと感じることができ、自分も今年は新しいことを始めてみようかと考えています。他に感じたことは、異性との出会いは求めていない人のための同性だけの会も開催があったらなと思います。ご検討よろしくお願いいたします。では、本日はありがとうございました。」

・「今日はとても有意義なお時間をありがとうございました。7名の方のお話はどれも参考になり、死別からまだ間もない私には今後の生き方のヒントとアドバイスを貰えたように思えました。Tさんの具体的なお話は特に勇気づけられました。私個人的には死別した直後に思い浮かんだのが、20代の子ども2人の結婚式のことでしたから。片親だからと縁談を断られた話も耳にしたこともあります。本来なら夫婦揃って我が子の結婚を祝ってあげたいのに、その時どうしたらいいのか⁉︎幸せなお祝いごとなのに主人がその場にいない寂しさ、悲しさが増してしまうに違いないと思い込んでいました。でも、婚礼介添え人をされているTさんのお話にとても勇気づけられました。ありがとうございます。ほかの皆様のお話にもお時間があれば一つ一つコメントと質問をさせていただきたいと思いました。また、このような機会を設けていただけましたら嬉しいです。」

・「グリーフケアの会に参加させていただきありがとうございました。本日、7名の方のお話をお聞きし、何年経っても悲しみは癒えることはないけれど前向きに乗り越えようとされていることわかりました。共感できるお話ばかりで貴重なお話とお時間をありがとうございました。」

・「昨日はグリーフケアの会に参加できて、大変有意義な時間でした。皆さんそれぞれの辛い別れとの向き合い方、過程、そして現在の心境…。私のこれからの未来への道すじ、選択肢、ヒントをたくさんいただけました。受容までへの過程にあった感情、現実感がないままの日常生活、周りとの違和感、怒り、戸惑い、孤独感、プレッシャーなど共感する事ばかりでした。そして、いつか気づけば、未来の景色に色がついてる…。そして、「辛い別れ)変わらない事は変えられないけど、これからの事、変えていける事は(自分が)変えていける。」というお話しが強く印象に残ってます。この度は、貴重なお話しをお聞かせいただいた方々、企画してくださった林さま、本当にありがとうございました。」

・「この度はグリーフケアの会に参加させていただきどうもありがとうございました。スピーカーの皆さんは伴侶をなくして3年以上経っており、この先自分が行くだろう道を先に歩んでおられる。皆さん口を揃えて人生また光が見えてきたという旨をお話し下さり、自身にも少し希望が見えました。周りには伴侶を亡くした人はほんの数人しかおらず、しかも私よりかなり年上の人ばかり。グリーフについて心を割って話せる人が少ないためこのような形式での話はとてもありがたかったです。また機会があれば参加させて頂きたく存じます。」

・「今日はありがとうございました。7人の方のお話、必ず共感できるるところがありました。私は絶望、孤独、不安、悲しみに力奪われながらも、自分を奮い立たせていましたが、自分だけではない、大切な人をなくしたら自然なことだと感じました。焦らず、自分らしく、無理せずにこの痛みを癒しながら、前を向きたいと思いました。第2の矢に打たれないように、自分の人生を受け入れながらも悲嘆だけでない何かを見つけたいと思いました。クリスマス、お正月とちょっと悲しい気持ちになっていたので今日のタイミングもよかったです。20代で参加されていたHさん。私を選んでくれたという言葉が印象的でした。心から応援しています。赤ちゃんの様子にも癒されました。明日から、いよいよ仕事はじめです。また頑張っていかなくてはと思います。穏やかにそう思えるのは、パレットのおかげです。ありがとうございました。」

・「この度は貴重なお話を拝聴できる機会を設けて頂き、改めて感謝を申し上げます。ご相談もなく、急遽子供と同伴という形になってしまい申し訳ございませんでした。お気を悪くされた方がいらっしゃらなければよいのですが。7名の先輩方のお話を伺い、自分の考えが少しずつまとまってきたと感じます。まずは配偶者の死は到底乗り越えられるものではないということ。そして必ずしも乗り越える必要があるものではないということ。毎日を懸命に生き続け、いつかふと振り返ったとき、もしかしたらそう思える時が来るのかな…と思いました。

Sさんは同じように子供がいての死別ということで、同じように”旦那に選ばれた方”なんだなと思いました。新しく自分の趣味を見つける…ということですが、私は書くことが好きなのでブログでもはじめようかと思います。

Tさんは、死別のあとに婚姻の仕事をされているということで、率直にすごいなと思いました。私も、いつか娘が結婚したときには、バージンロードを旦那の写真と一緒に歩けたらいいなと思いました。

Aさんはとてもストイックな方だなと思いました。私は体を動かすことが苦手なので、登山なんて到底できない…と思いつつ、きっと今の私たちは生きているだけで山を登っているようなものなのでしょう。しかしこうなった以上、自分の体が資本ということは強く思いますので、ウォーキングからでも初めてみたいです。

Mさんはたくさん本を読まれたということで、おすすめの書籍があれば…と質問しようと思っていたのですが、ちょうど子供がそのタイミングでうんちをしてしまいお尋ねし損ねてしまったのが残念でした…。いつか名古屋のリアル会に参加できたときにお会いできればお聞きしたいです。

ITさんにはグリーフの段階を詳しく教えて頂いたのが非常に参考になりました。同時に、もしかしたら自分はまだグリーフに向き合えてすらいないのでは…と感じた部分がありました。一度専門家の方にお願いしてみようと思います。また、とても強く美しい方だなと思いました。人としての深みが出ているようで、私もいずれITさんのような女性になっていけたらと感じてしまいました。

Yさんは、自分の生きがいを見つけることが、後々の人生への第一歩となるということを体現されていらっしゃいました。"第二の矢に打たれるな"という言葉も痛烈でした。常に胸に携えたい言葉になりました。

ICさんが仰っていた”繋がることの大事さ”は、今、特に必要だと思っています。どうしても自分の殻に引きこもりたくなるときもありますし、それが必要な時もあると理解した上で、独りではない、ということだけは忘れてはいけないと思いました。

長くなってしまい申し訳ありません。今回のセミナーで得られたものを今一度反芻しながらとにかく来る明日をこなしていく力にさせて頂きたいと思っております。最後に林様、このような機会を設けて頂き本当にありがとうございました。今後もお力添え頂けますと大変幸甚に存じます。どうぞよろしくお願い申し上げます。」

・「本日はありがとうございました。状況や抱えている問題は本当に様々ですが、配偶者・パートナーとの死別という経験をしてしまったという共通の事実。逆に言えば、共通しているのはそこだけで、住んでいる場所や年代、家族構成はいろいろ。それなのに、とても優しい時間でした。お話くださった方々、それぞれの時間を過ごされて来たんだな、と思いながら聴かせて頂きました。自分にも思い当たるところがあると感じたり、こんな風になれるだろうか、こんな考え方もあるんだと、参考にさせて頂きたいと思えました。企画をしてくださった林様、ご自身の事を話してくださった7名の方に御礼申し上げます。ありがとうございました。」

・「本日は有意義な時間をありがとうございました。いつもは同年代(50~60代)の方々との交流が主だったのですが、20代、30代くらいの方々もいらして、いつもとは異なる空間という感じでした。ボランティアでお話しいただいた方々は、この会ですでにお会いしている方もいらっしゃり、特に親近感を持って話を伺うことができました。グリーフケアという観点から観ると、今回の「没後2年以内」に限定することなく幅広くケアして頂けると皆さん喜ぶと思います。何年たっても今日のようなグリーフケアの交流会はありがたいことですし、必要かと思います。今後もグリーフケアを継続頂けると幸甚です。ご検討よろしくお願いします。改めて本日はありがとうございました。」

・「本日は参加でき、7名のスピーカーや同様の境遇のみなさんのお話が聞くことができてよかったです。みなさんが現在でも悲嘆に苦しんでいる状況で、3年、8年、20年の前に亡くされたみなさんが、少しづつ悲嘆が改善されて前を向いていることを聞き、これからも前向きに考えていきたいと思いました。ただし、やはり一生悲しみは消えることはないと再認識しました。また、男性の話が聞くことができたこと、また新しいことにトライされていることや、別の方で瀬戸内寂聴さんの話を聞いているなど 参考になりました。私も家内が闘病中にコロナ禍で面会もできす、最後は3週間会話もできない状況でしたのでYOUTUBEや書籍などで小林正観さんやスピリチャル系関連の書籍などを読み心を落ち着かせてきておりました。現在もそれを続けている状況でした。1月23日の1960年代生まれの会にも参加させていただきます。もうすでに満席なっていますので、今後もできる限りコンタクトできるようにしたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。」

・「本日は傷ついた我々のための開催ありがとうございました。まず、パレットクラブへの参加、ズーム操作など不安なことばかりでしたが、何とか皆さんと交流出来たこと感謝しております。不幸なのは自分だけと思っていましたが、小さな子供さんを残し若くしてご主人を亡くされたHさんを想うと、私の悲しみの比ではないことを感じました。立ち直りのきっかけが少しでも早く来てくれることを願うばかりです。皆さんとの出会いや対話など何もかも初めてのことなので、この先どうなるかわかりませんが、生きるための支えにさせていただきたいと思います。管理者の林様、お疲れさまでした。」

・「本日はありがとうございました。多くの年月を乗り越えられたお話をお聞きして、とても勇気を頂きました。最後のICさんの"神様は乗り越えられる人に試練を与える"の言葉は身に沁みました。自分の気持ちを出来るだけ出そうと沢山の人聴いて貰い少しずつ前向きなっています。以前からやっている俳句に夫の句をいっぱい詠んで気持ちの発散もしています。コロナが収まってオフラインの会が出来るよう切望しています。それまではオンラインの会の参加をよろしくお願いいたします。本当にありがとうございました。」

・「この度はオンラインセミナーに参加させていただいてありがとうございました。スピーカーの方もおっしゃってましたが、配偶者と死別してのこの時期、まずはいろんな意見や体験、考え、想いを聞くことが最大のグリーフケアになるのだと思います。配偶者の死とどのように向き合い、そして受容していくか、個々人で違っていて当たり前であり、100人いれば100通りのプロセスがあって然るべきです。ただ、そんな中でも共通する体験や感情を共有することは可能であり、それが私たちにとって最大の癒しになるのだと思います。いろんな人が慰めの言葉をかけてはくれますが、結局は同じ体験をした者にしかわからないと言ってしまうと身も蓋もないですが、ある意味それが現実です。スピーカーのTさんが「私だけ方向性は違う」とおっしゃっておられましたが、個人的にはあの種の話は好きですし、そういう形で配偶者の死を受容していく方もいらっしゃるのだと参考になりました。これからもこういう会を続けて言ってほしいと思います。」

・「今日はありがとうございました。初めて参加させていただきました。皆さんのいろいろなお話を聞かせていただくことができてとてもよかったです。どの方もそれぞれにつらい思いをされて、それぞれに一生懸命にやって来られたんだなあと、私もしっかり今の自分と向き合って、私を選んでくれたパートナーが待っているその場所まで、元気に歩いて行けるようになりたいと思いました。これからもどうぞよろしくお願い致します。」

・「本日はありがとうございました。皆さんのお話に共感することが多くあり、時折、涙を流しながら聞いておりました。お話いただいた7名の方々は、涙せずに、配偶者が亡くなられた経緯をお話されていました。今の私にはそのような真似は到底できないですが、いつか立ち直って、今後の人生を強く生きようと思いました。北アルプスの登山に行ってみたくなりました。景色がきれいで気が晴れそうですし、天国にも近そうですので。」

・「この度は貴重な時間を頂き有難うございました。色々な話しを聞けて参考になりました。私も未だ下を向いて歩いている状況で気付きを与えて頂きました。人が違えば、また違う考えがある事を痛感させられました。もし次回があるのであれば対話形式で開催して色々な意見も聞ければと思っております。林様、色々と題材を提供して頂き本当に有難うございます。」

・「本日は「みんなでグリーフケアの会」に参加させていただきまして、ありがとうございました。スピーカーの方7名のお話はそれぞれ、共感する部分が多くて、同じ経験をされた方々のお話だからこそ、心に沁みました。今後とも機会があれば参加させていただきたく、引き続きどうぞよろしくお願い致します。」

・「先日はお世話になりました。グリーフケアの会では、緒先輩方のいろいろなお話聞けてよかったです。パートナー亡くされて1~2年くらいの記憶があまりない、と仰ってた方が何人かいらっしゃったのが印象に残りました。そして何年経っても乗り越えられない部分もあることが、よく分かりました。この辛さと共に生きていくんだなーとも思いました。思い返すのも辛いだろうに、経験をまとめて語ってくださった方々に感謝です。ありがとうございました。」

感想メッセージをいただけました皆さん、ありがとうございました。


■・1/9(日)天国組/無料zoom体験会(第176回天国組会)
第439回交流会
オンライン離婚死別バツイチの会
愛知県・滋賀県・岩手県・群馬県・静岡県・京都府・神奈川県・三重県・兵庫県・東京都から男性5名と女性7名の合計13名の方に参加いただき天国組/無料zoom体験会を開催しました。「zoomなんてやったことがないので不安」という方だけでなく、「天国組会ってどんな人が参加しているの?」と心配されていた皆さんにも参加いただき雰囲気を感じていただけたかと思います。参加いただきました皆さん、お疲れさまでした。

参加された方の感想をご紹介

・「本日はありがとうございました、同じ気持ちを共有していただける方々との交流の大切さをあらためて実感いたしました。本当に大切な場だと思います。 友人に教えてもらってから1年…思い切って参加して本当に良かったと思います。」

・「初参加させていただきありがとうございました。皆様から貴重なお話を聞かせていただきありがとうございます。皆さん慣れていらっしゃるのかスラスラと意見を述べていたので、萎縮してしまいました。初参加の私にはハードルが高いかなぁと思いましたが、これからまた機会があれば負けずとトライしてみたいと思います。 今日は本当にありがとうございました。」

・「 今日は勇気を出して天国組zoom体験会を参加させて頂き、誠にありがとうございました。皆様の状況はそれぞれですが、気持ちと戸惑い等は同じくて、少しでも分かり合えた気がしました。 本当に良い体験となり、zoomを使う自信もなり感謝いたします。これからもよろしくお願いいたします。」

・「本日はありがとうございました。 今まで、参加するのに迷っていましたが、体験会と言う事で、思い切って参加してみて、良かったです。 なかなか、死別の話を人に話す機会がなかったのですが、共通の経験のある方にはお話しし易く感じましたし、また、お話を聞けて、なんだか、気持ちが軽くなりました。 次回また参加できたらと思います。 こういった会を開催して下さりありがとうございます。 」

・「本日は有意義な体験会に参加させて頂き有難うございました。なかなか他にはない体験会でした。伴侶を失う体験者が周りにはおりませんで一人どうすれば良いか戸惑い何事にも集中できない毎日を過ごしておりました。本日参加させていただき悲しい思いをしているのは自分だけではない!一人ぽっちじゃない!と少し前向きな考え方になりました。 ズームでの開催も林様、補助で付き添っていただいた方のご指導によりどうにか参加のほうもできました。お疲れが出ませんように!私達のような方々の助け舟になって頂けますことをどうか宜しくお願いを致します。有難う御座いました。」

・「パレットクラブはネットで知りましたが、宗教的なものも多くあったりして不安があり参加を躊躇していました。体験会に参加させて頂きましたところ、今までの不安は解消されもっと早く参加すれば良かったと思います。私のような境遇の方もいらっしゃり日々の悩みや苦労を話せる事で気持ちがスッキリできました。 今後も、積極的に参加していきたいと思います。貴重な場を設けて頂いた事に感謝致します。ありがとうございました。」

・「初めてzoomでの交流に参加させて頂きました。とても雰囲気も良く、楽しく交流させていただくことができました。ありがとうございました。」

・「昨日はありがとうございました。林さんはじめ司会のかたが、穏やか丁寧であっと言う間に時間が過ぎました。良い時間を過ごせてありがとうございました。」

感想メッセージをいただけました皆さん、ありがとうございました。


パレット倶楽部TOP

電話番号
離別死別バツイチ会トップページ

交流会報告

交流会の様子